文字の大きさ
標準
拡大

人間ドックについて

北野病院では予防医学の重要性に早くから注目し、昭和30年に人間ドックを開設して以来、長年に渡り、人間ドックを行ってきました。

人間ドックの目的は、以下の2つになります。

  1. 近い将来、病気を引き起こすと考えられる生活習慣の問題点や異常を明らかにし、これを改めて病気の予防をする(一次予防)。
  2. 自分で気付かないうちに持っている病気があるとしたら、それを早く見つけて治療する(二次予防)。

当人間ドックでは、受診日当日に医師による検査結果の説明と二次検査あるいは各科受診の指示、さらに、看護師・保健師・栄養士による生活指導を行っています。 また、ドックで発見された異常はできる限り早期に対応が出来るように取り計らっています。

ただし、そんな人間ドックも万能ではありません。

人間ドックは一般的に、症状が出にくくて放置しやすい、それでいて誰もがかかる病気を予防したり早期発見するように設計されています。すでに治療中の病気についての相談や、あるいは自覚症状があって具合が悪くて困っている人の病気の診断や治療については、人間ドックは適していません。明らかに自覚症状のある人は、適切な診療科を外来患者として受診して診てもらうほうが間違いもありませんし効率的です。

この2つの目的を達成するために、人間ドックでは、職場の定期健診や住民健診などより多くの検査や診察が行われ、さらに、結果の説明だけでなく生活指導が行われます。

ページの先頭へ